Articles and news

キュレーターおよびチューター

マスターオフィスのこの部門は、このセクションに記載されている様々な理由により、キュレーターまたはチューターと呼ばれる別の人の管理下にある人の事務の管理を監督しています。 さまざまな側面の詳細については、以下のリンクをクリックしてください。

2002年の新精神保健医療法17が2004年12月15日に公布された。 新しい行為は1973年のものに取って代わるでしょう。 新法は2004年12月15日水曜日から即時に施行された。

上記の様々な予定と各予定の要件は別々に扱われます。

キュレーター

キュレーター部門は高等裁判所のマスター内の部門です。このセクションの主な機能は、南アフリカの未成年者や精神障害者の財産における監督の効率的で費用対効果の高い専門的なサービスを提供するこ キュレーションセクションは、すべての人生の歩みからの人々の巨大な様々なを支援します,すなわち. 未成年者、自分の業務を管理することができない人–など–脳損傷を持つ人々、すなわち自動車事故や脳卒中;知的障害;精神疾患、認知症;アルツハイマー病など。このセクションでは、アプリケーションがキュレーター Bonisを任命するために提出されている団地の管理を監督します;キュレーター Personae;そして、精神保健医療法の面で管理者;未成年者のためのチューター,だけでなく、資産没収の問題でキュレーター Bonis.

自分の事務を管理することができないと判明した人の財産を管理するために誰かを任命することができるという点で二つの手続きがあります。 これらの手続きは、高等裁判所への申請を必要とするキュレーターの任命のためのコモン-ロー手続きと、メンタルヘルスケア法、17の2002に定められた管理者の任命のための手続きです。

コモン-ロー:私たちのコモン-ローの観点からキュレーター-ボニスの任命:

高等裁判所は、自分の事務を管理することができない者を宣言することができ、その人および/またはその人の財産に学芸員を任命することができ この申請の手続きは、高等裁判所の制服規則の規則57に規定されています。

他の人が不健全であり、彼/彼女自身の事務を管理することができないと宣言し、そのような人の個人または財産に学芸員を任命する命令のために裁判所に申請することを望む人は、まず学芸員-ad-Litemの任命のために裁判所に申請しなければならない。

メンタルヘルスケア法の適用:

メンタルヘルスケア法の観点から、高等裁判所のマスターは、所定の申請の検討および処理において、精神障害と正

二つのアプリケーションの違いは、コモン-ロー-アプリケーションは、その人が精神疾患または重度または重度の障害を持っている場合にのみ利用できるのに対し、コモン-ロー-アプリケーションは、その人が精神疾患または重度または重度の障害を持っている場合にのみ利用できるということです

キュレーターおよび管理者の権限と責任:

キュレーター-ボニスおよび管理者の権限は、基本的には不可能な人の財産を管理することであり、これには以下のものが含まれる可能性があります。インスタンス:

  • すべての資産を受け取り、世話し、管理し、管理すること、
  • 適用される可能性のある法律に従って、取引、事業または事業を継続または中止すること、
  • 不動産の利益のために、購入またはその他の方法で、可動または不動の財産を取得すること、および
  • メンテナンス、サポートのためにお金を適用すること。または人の利益の方に;投資するか、または資金等を再投資するため。

これらの権限は通常、マスターの事前の同意と承認の対象となります。

アカウント

キュレーター Bonisと管理者は、不動産の資本資産の収入、費用、価値を設定するマスターに年間管理アカウントを提出する義務があります。 マスターは収入、費用および資本資産を確認し、保証が提供されれば不動産の価値に従って修正されることを保障するためにこれらの記述を精査する。

手数料

学芸員ボニスと管理者の手数料は、不動産管理法に規定されています。 これは、キュレーターの終了時に不動産の年収に6%、不動産の資本資産の価値に2%です。 ただし、特別な理由がある場合、マスターは手数料を削減、禁止、または増加させることができます。

不在者の学芸員の任命:

人が跡形もなく消えて、世話をしなければならない財産を残すことが時々あります。 その人は家族や友人を残すことができますが、彼らはキュレーターとして資産を管理するために団地の管理のセクション73の面で許可されていない限

不在者が南アフリカ共和国の財産の所有者であり、当該財産が不在者のために世話または管理されるべきであることに満足しているというマスターの知 キュレーターの任命は、通常、マスターと書面による申請書を提出する利害関係者によって開始されます。

:

  • マスターへの書面による申請;
  • 欠勤者の資産を反映する予備目録フォームJ243;
  • 利害関係者によるキュレーターとして任命される適切な人の指名(これらの指名は、通常、この目的のためにマスターによって招集された会議中に取得される);
  • 指名されたキュレーターによるセキュリティの約束と債券-form J262
  • キュレーターとしての任命申請-form J197

キュレーターの終了事項:

キュレーターは、通常、自分の事務を管理することができないと宣言された人の死亡時に終了するが、キュレーターの下にある人は、キュレーターの下にある人にも適用することができる。例えば、脳卒中や脳損傷などから著しく回復した場合など、状況が許せば、高等裁判所はキュレーターの下で解放されます。 それは高等裁判所への申請を含み、プロセスは統一高等裁判所規則の規則57に規定されている。

精神保健福祉法に基づく行政の終了:

精神保健医療法の観点から管理者が任命された者が、精神疾患から回復し、再び自分の事務を管理することができる程度になった場合、その者または管理者または申請者は、精神保健医療法第64条の観点から高等裁判所のマスターに申請して行政を終了することができる。

資産没収問題における学芸員ボニスの任命:

これらの問題では、キュレーター-ボニスが任命され、問題が確定するまで資産を押収し、管理します。

マスターは、キュレーターのボニスの任命と、問題が確定したときの彼/彼女の手数料の課税を支援します。

組織犯罪防止法、121of1998の観点から、高等裁判所は、拘束または保存命令の対象となる財産の差し押さえを承認する命令を発行することができ、または資産没収命令を発行することができる。

裁判所は、資産没収ユニットによるそのような資産の添付を承認した場合、資産を管理するキュレーターを任命する。 ただし、任命されたキュレーターは、マスターによって正式に承認されるまで、そのように行動する権限はありません。 承認は、マスターによって発行された任命の手紙の形をとります。

:

  • 裁判所命令のコピー;
  • 管理されるべき資産を反映する在庫フォームJ243
  • セキュリティの引き受けと債券-フォームJ262裁判所によって任命された学芸員;
  • キュレーターとしての任命のためのアプリケーション-フォームJ197.

チューター

チューターまたはキュレーターは、必要に応じて未成年者の財産の上に任命することもできます。 子供または未成年者は、18歳未満の人を意味するものとして、子供の行為で定義されています。

この法律の第17条では、子供は、男性であろうと女性であろうと、18歳に達するとメジャーになります。 一般的なルールは、法律が彼ら自身の事務を管理することができるとみなしていないという点で、未成年者は障害の下にあるということです。 通常の状況下では、未成年者の両親であり、未成年者の自然保護者でもあり、未成年者の業務を監督し、必要に応じて法的に支援しますが、未成年者に自然保護者がいない(例えば、両親が死亡している場合)こと、および有効な意志のいずれかで他の人に親の責任と権利が付与されていないことが起こることがあります。

未成年者の財産が現金と投資のみで構成されている場合、保護者の基金に預託することができます。

しかし、マスターには未成年者の上に家庭教師や保護者を任命する権限はないことに注意する必要があります。 高等裁判所のみがそうすることができます。

誰が家庭教師を指名または任命することができますか?すなわち、

  • 遺言任命チューター、
  • 裁判所任命チューター、および
  • マスターによって任命されたチューター dative

チューターはウィルまたは裁判所によって指名または任命されることがあるが、指名者/任命者は、遺言によって任命されたチューターとして行動する権限を持たない。正式にマスターによって承認されるまで家庭教師。 承認は、指定された人に発行された任命の手紙の形をとります。

上記の三つのシナリオと各任命の要件は個別に扱われます。

遺言任命家庭教師

未成年者の親または保護者は、未成年者の資産および人の意思により、家庭教師に任命される人を指名することができます。指名された家庭教師は、親または保護者の死後、任命されるマスターに申請しなければなりません。

以下の者のみが遺言により家庭教師を有効に指名することができます:

  • 正当な未成年者の唯一の自然保護者(生き残った親)であり、裁判所によってそのような未成年者に対する後見人を奪われていない。
  • 非嫡出子の母親であり、そのような未成年者の後見裁判所によって奪われていない。
  • 未成年者の唯一の後見人が裁判所によって付与された親。

任命のための要件

  • 家庭教師が指名された意志は、マスターによって適切に登録され、受け入れられなければなりません;
  • 未成年者の資産を反映する予備目録–フォームJ243;
  • 指名された家庭教師による宣言;
  • 指名された家庭教師による宣言;
  • 指名された家庭教師による保証の引き受けと債券–フォームJ262。
  • 家庭教師としての任命のためのアプリケーション–フォームJ197.

未成年者の不動産

裁判所またはマスターによって許可されていない限り、自然保護者または家庭教師または学芸員は、未成年者に属する不動産を疎外したり、抵当に入れたりすることはできません。

マスターは、不動産における未成年者のシェアがR250 000.00以下であるアプリケーションを検討することができます。 この金額を超えるには、高等裁判所への申請が必要です。

裁判所が任命した家庭教師

すべての未成年者の上の保護者としての裁判所は、未成年者の世話をし、未成年者の財産を管理するために、未成年者の家庭教師として人を任命することができます。

通常、動議通知を介して裁判所に申請書を提出したのは利害関係者です。 アプリケーションの受領時に裁判所は、通常、未成年者の利益を保護し、アプリケーションのメリットを調査するためにキュレーター-広告-litemを任命します。 キュレーター-ad-litemとマスターの両方が裁判所に報告書を提出しなければならない

裁判所が申請を許可し、家庭教師を任命した後、マスターは家庭教師の手紙を発行し、それによって任命された家庭教師が行動することを承認することによって、裁判所の命令に効力を与えなければならない。

:

  • キュレーター-ad-litemとマスターによる報告と一緒に裁判所へのアプリケーションのコピー;
  • 家庭教師を任命する裁判所命令;
  • 未成年者の資産を反映した予備目録–フォームJ243;
  • 家庭教師が裁判所によってセキュリティの提供を免除されていない限り、指名された家庭教師によるセキュリティフォームJ262の引き受けと債券。
  • 家庭教師としての任命のためのアプリケーション–フォームJ197.

マスターによって任命されたチューター dative

未成年者が南アフリカ共和国の財産の所有者であり、保護者、チューターまたは学芸員の世話を受けておらず、その財産がそのような未成年者のために世話または管理されるべきであることに満足していることがマスターの知識になると、彼はチューター dativeを任命することができる。 (マスターは、未成年者の人の上に家庭教師を任命することはできません。)

家庭教師の任命は、通常、マスターと書面による申請を提出する利害関係者によって開始されます。

:

  • マスターへの申請;
  • 未成年者の資産を反映した予備目録フォームJ243;
  • 未成年者の近親者によって家庭教師として任命される適切な人の指名(これらの指名は、通常、この目的のためにマスターによって招集された会議中に得られる);
  • 指名された家庭教師によるセキュリティフォームJ262の引き受けと結合;
  • 家庭教師としての任命のための申請–フォームJ197。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。